攻玉社 スマートフォンページサイトマップアクセス
〒141-0031 品川区西五反田5-14-2
TEL 03-3493-0331(代) 03-3495-8160(募集直通)
サイト内検索:



創立者・近藤真琴先生

近藤真琴先生 本校の創立者である近藤真琴先生(1831 - 1886)は、福沢諭吉・新島襄・中村正直らと並ぶ明治六大教育者のひとり。幕末の動乱期にいち早く時勢を見抜いてオランダ語を学び、西洋近代の学問や技術に熟達。日本で最初のかな書き辞書「ことばのその」や、翻訳SF小説の第1号「新未来記」は先生の手になるもので、学者としての幅広い活躍の一端がうかがわれます。

近藤真琴先生は、文久3年(1863年)に数学・オランダ語・航海術などを教授する蘭学塾を開設して「攻玉社」と名づけました。このときから攻玉社の歴史が始まったのです。「攻玉」とは、詩経の「他山の石以て玉を攻(みが)くべし」から引用したもので、これが本校の建学の精神です。

先生の没後に、攻玉社の教育理念は、二代目の基樹先生や三代目の雅樹先生、弟子たちにより引き継がれました。本校からは、近代日本へと発展する原動力となった幾多の人材が巣立ちました。太平洋戦争の終戦時に総理大臣をつとめた鈴木貫太郎もその一人です。

関東大震災後の不動ヶ丘への移転、経済不況の中での経営改革、太平洋戦争時の空襲による被災など、その都度、時代の大きな困難を乗り越えて教育体制の整備を実現できたのは、その底流に「攻玉社」の伝統と近藤先生の建学の理念が脈々と生きていたからです。



学園資料展示室には、先生の資料が多数保存されています。


明治17年に東京府に提出した「攻玉塾調書」の草稿。生い立ちなどを先生ご自身が朱で加筆されています。



沿革

年号 出来事
1863年(文久3年) 江戸四ッ谷坂町鳥羽藩邸内に蘭学塾を開く。創立者、近藤真琴(こんどう・まこと)は数学・航海術・測量術に秀でた蘭学者であった。
1869年(明治2年) 真琴兵部省に出仕。築地海軍操練所(のちの海軍兵学校)内に塾を移す。塾名を「攻玉塾」とする。
1871年(明治4年) 芝新銭座(今の浜松町)の慶應義塾跡へ移転。学科は航海・測量術・和・漢・英・蘭・数が設定された。
1872年(明治5年) 文部省より学制が頒布され、攻玉社として、あらためて開学した。学校の内容は塾則が定められるとともに、幼年科の設置、教育課程の確立等、全般にわたって近代的に充実・整備される。なお、現在の校訓は、この塾則をもとにしたものである。
1875年(明治8年) わが国最初の航海測量習練所(商船学校)を設置。
1880年(明治13年) 陸地測量習練所(土木測量)を開設(攻玉社短大の前身)。
1881年(明治14年) 三重県鳥羽に商船学校の分校(現在の国立鳥羽商船高等専門学校の前身)を設置。
1886年(明治19年) 9月4日、近藤真琴没。享年56歳。この秋、商船学校を廃止。
1889年(明治22年) 海軍を志願する者のために海軍予備科を設置。これはのちに海軍中学校と改称され、やがて尋常中学校に合併された。
1893年(明治26年) 青年科が尋常中学校としての認可を得る。
1925年(大正14年) 9月芝新銭座から、品川区西五反田の現在地に校舎を新築して移転。丘上にそそり立つ白亜の鉄筋コンクリートの校舎が生徒たちの新しい人間形成の場となる。
1931年(昭和6年) 攻玉社商業学校を開設。
1947年(昭和22年) 学制改革により、新制攻玉社中学校発足。
1948年(昭和23年) 新制攻玉社高等学校発足。
1954年(昭和29年) 攻玉社高等学校商業科を独立して、攻玉社商業高等学校として発足。
1963年(昭和38年) 創立者・近藤真琴が四ッ谷坂町に蘭学塾を創立して以来の100年を記念する式典を行う。
1966年(昭和41年) 6年一貫英才開発教育を始める。
1974年(昭和49年) 商業高等学校休校(1995年11月 廃止)。
1983年(昭和58年) 日比谷公会堂において創立120周年記念式典を盛大に行い、記念事業として新校舎、地下プール等を建設する。
1988年(昭和63年) 攻玉社後援会設立。
1990年(平成2年) 国際学級開設。
1993年(平成5年) 渋谷公会堂において創立130周年記念式典を行う。
1995年(平成7年) 特別教室を収容する中層棟 (現2号館)完成。
2003年(平成15年) 中高新校舎(1号館)完成。
ゆうぽうと(五反田)において創立140周年記念式典を行う。
2004年(平成16年) 中高校長・菊池正仁就任。理事長・増子 亨就任。
2008年(平成20年) 工科短期大学を廃止。
2009年(平成21年) 3号館を改修。
2009年(平成21年) 中高校長・今西理朗就任。5・6年次のクラスを8クラス編成とする。
2013年(平成25年) 1863(文久3)年の開塾以来、本年で創立150周年を迎え、グランドプリンスホテル新高輪において創立150周年記念式典を行う。

■卒業生総数:58,974名
 ・中学(昭和22年〜平成25年3月):11,448名
 ・高校(昭和23年〜平成25年3月):15,449名

Copyright © KOGYOKUSHA GAKUEN, All rights reserved.